HONDA cb125rとSUZUKI GSX-S125はどちらがおすすめ?

バイク比較

結論:低速でもトルクを味わえるcbか高回転ぶんぶんGSXか

本日はSUZUKIが125ccで誇るスポーツバイクGSXのネイキッドモデルGSX-SとHONDAのcb125rの比較となっております。

早速結論ですが、低速でもトルクを感じれるライディングをしたい方はcb125r。そして、125ccという排気量の関係上思いっきりぶん回すことができるので

高回転を存分に味わえるGSXシリーズどちらも好みが分かれて良いバイクだと思います。今回はエンジン特性以外も実際に乗車した体感から比較していきたいと思います。

  1. 足つき
  2. 走り
  3. 灯火類
  4. 価格
  5. タイヤサイズ
- YouTube
Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on Yo...

足つき

足つきは率直に言うとGSXの方が良いです。ライダーの私は身長180cmくらいですが、SUZUKIの125ccGSX-R125のスポーツモデルでは足がカウルに直撃して窮屈感を覚えました。

GSX-S125は窮屈に感じることもなく乗りやすかったです。

また、乗ってみないとカタログ数値だけではわからいと言われる足つきですが、HONDA cb125rはまさにその通りでシート高の数値 816mmと高いものの、一度跨ってしまえばかなり沈み込みます。

実際に乗車している時では足つきの悪さを実感しませんでしたが、跨ぐ際はかなりCB125rはシートが高く感じられるのでタンクやカウルを擦りそうでした。50万円の車体をキックして擦りたくないもんねぇー。

走り

やはり決め手は走り!

最高速

GSXに軍配。国内いや、世界の125ccで一番速度が出ると思われるモンスターバイク。私も60台以上125ccを乗りましたが一番速度が出ました。

やはりそこまで速度が出せるのは技術あってのことだと思います。また、高回転して走れる125ccの排気量に高回転型エンジンの特性がマッチ。

回せば回すほどリミッターをかけられることなく速度が上昇するのでとにかく楽しい。

*Rの動画を紹介しているのはS乗車時はあり得ないくらい低回転で走行していたのでSUZUKIのコンセプトをぶっ潰した動画になりました。

低速、低回転

低回転では一方cb125rの方がやはりカタログスペック通り優秀。HONDAのミニバイク、カブといい低回転に粘りのある印象のエンジンが豊富でcb125rも低回転でも楽しめる印象。

これに後述する125ccでは規格外の幅150のタイヤを合わせることで直線での走行では安定感、そして低回転でトルクフルな走行が楽しめます。

私自身低回転のトルクがあるバイクが好みなので、cb125rはいいなぁと思ってしまう理由の一つです。ですが、これは好みなので気にしないでください。

灯火類

全てLEDのはずだが….そうです。GSXはやはり下向きのヘッドライトが弱点でしょう。王道を行くcb125rの丸型ヘッドライトは、存在感がありつつも見やすいです。

話は変わってSUZUKIはスクーターで2023年にバーグマンストリート125EXを出しましたが、デザイン性を追求したのか他のSUZUKIのスクーターよりもヘッドライトが下向きになっておりやや見ずらい印象。

GSXもデザイン重視のシュッとした印象のスポーティな見た目だけあり見ずらいのは残念です。

価格

GSX-S125 2023 : 420,200円
cb125r 2023 : 473,000
以前は価格差10万円!と言われてましたが約5万円まで差が埋まりました。厳密に言うとcb125rの2023年モデルは発表されておらず2021年の価格です。

ここで余談 HONDAの価格設定

一番安い原付二種もHONDAはDIO110・ベーシックという車種を2023年に市場に投入。また、PCX125も価格上昇がほとんどなくYAMAHAのプレミアスクーター NMAX125が2023年価格上昇し2023/8月に登場。

HONDAのバイクが価格があまり上がらず、最安の原付二種まで出すのでHONDAユーザーが増えそうな気もするのだがどうなるのか…

最安のスクーターでさえ欲しいカラーは3カ月待ちだよ。と言われたので趣味性の強いバイクはこれから納期待ちがどうなることやら…

動画でチェック!

GSX

cb125r

タイヤサイズ

GSX-S125 2023 :前90/80-17M/C 46S 後130/70-17M/C 62S
cb125r 2023 : 前110/70R17M/C 54H 後150/60R17M/C 66H
デザインも重視したcb125rのタイヤ幅は前後でGSXよりも幅広です。直進安定性を高めている一方で、GSXはショートストロークエンジンですがより小さいタイヤを使うことでコーナーリング、路面ギャップを拾いずらい特性があります。
一方燃費はさほど変わらず、低回転が好みが私が乗ったということもあるのかcb125rはあまり回さず、GSXは高回転を維持することが多かったためタイヤ幅が小さいGSXとさほど変わらない燃費で40-45km/Lあたりをウロウロしていました。

まとめ

実際に乗ってみると街乗りでゆっくり、タイヤ幅が太いデザイン重視のcb125rと実用的で排気量帯(125cc)にマッチした高回転まで回せるエンジンでタイヤ幅も狭く、最高速もやはり出るため走り重視といった印象でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました